埋没毛は無理に処理しないほうが良い

脱毛サロンやクリニックなどで脱毛を行えば埋没毛に困ることが無いという話もありますが、時間や費用の関係で通うことができずにセルフ脱毛を行っているため埋没毛にはよく困らされています。

 

セルフ脱毛は肌への負担がかかるということからカミソリで剃ったり毛抜きで抜くと、埋没毛となってしまう確率が高いと言われています。

 

埋没毛自体はは肌への負担などはあまりなく、しばらくすると肌のターンオーバーによって表面へと出てくると言われているため基本的には何もしないで様子を見るようにしています。

 

下手にピンセットでほじくり出してしまうと肌へ負担がかかったり色素沈着の原因となってしまうようなのです。

 

しかし肌の表面には黒いぽつぽつとしたものが目立ち、素足のままでは出歩くこともままなりません。

 

ストッキングを履けば多少目立たなくなるため、暑い時期でもかかさず履いて隠しています。

 

ストッキングで埋没毛を隠す

 

埋没毛がカミソリや毛抜きによってできてしまうということを知ってからは電気シェーバーでの処理を基本のセルフ処理として採用するようになりました。

 

電気シェーバーを利用したほうがカミソリよりも肌に優しいため、毛が埋まってしまう心配も軽減されるようなのです。

 

やむを得ずカミソリを使用する際には逆剃りをしないというのも対策のひとつとして有効だと感じています。

 

自分では試したことはないですが、埋没毛を処理する際にはピーリングを行うのが良いという話を聞いたことがあるため、どうしても綺麗にしなければならないという時には行ってみようかなと思っています。

ピーリングは酸性の薬剤を使用して古い角質を溶かすものなので、あまりおすすめできません。

 

特に敏感肌など肌の弱い方はピーリングやスクラブなどの強制的な角質除去はしないようにしましょう。