髭脱毛を繰り返してるうちに埋没毛が増えてしまった

私の悩みは顎鬚の埋没毛です。埋没毛の原因となってるのは、髭脱毛によるものでこれは自覚してます。

 

しかし髭を放置しておくと、髭を剃っても剃り後が目立ってしまう青髭になってしまいます。

 

肌の白さは元々、その上仕事は室内のデスクワークメインなので日焼けすることないので髭とのギャップで目立つんです。

 

この予防策として髭脱毛を月1ペースで行ってます。

 

髭脱毛した後は10日ほどスッキリした口周りになりますし自分でも若返って見えんですが、問題は髭が再生してきた時です。

 

脱毛しない方だとわからないかもしれませんが、たまに毛穴から出れない毛ってあるんです。

 

もちろん確率は低いんですが、髭の量はものすごいなので脱毛すると埋没毛が出来てしまいます。

 

ヒゲ脱毛で埋没毛が出来る!

 

目立つのは頬の下辺りの顎鬚です。

 

口周辺や口下の顎にも埋没毛は出来てるんでしょうが、この辺りは毛の密度が高すぎて埋没毛があっても目立ちません。

 

しかし頬下のアゴラインだと髭の本数もかなり減りますし、減った分だけ埋没毛が目立つようになるんです。

 

埋没毛が出来るとホクロみたいな感じで皮膚に黒い点のようなものが生まれます。

 

ホクロが多い人には失礼ですけど、顔にホクロがあるってあまりいいものではないですよね。

 

埋没毛はこれと同じような状態になってしまうのでとても困ってます。

 

髭脱毛で口周りをスッキリさせたいけど、埋没毛のことを考えると抵抗があるんです。

 

埋没毛対策は少し荒療治ですが先の鋭い毛抜きで皮膚下に埋まってる埋没毛を引き釣り出すことです。

 

皮膚下に埋まってるので普通の毛抜きでは抜けません。

 

皮膚を切り裂いて埋没毛を引っ張り出すので、当然埋没毛は抜けてもその部分から出血して傷になったりします。

 

しかも一度埋没毛が出来てしまうと、毛根から毛穴までの毛の生えるルートが乱れるらしく埋没毛が出来やすくなってしまうんです。

 

ただ、この傷痕と出血は数日で消えるので埋没毛対策は毛抜きで無理やり引っ張りだす方法をとってます。

サロンでの脱毛は永久脱毛ではありませんので、脱毛後しばらくするとまた毛が生えてきます。

 

そして、脱毛の影響で毛穴が塞がってしまうと、再生した毛が外に出られず埋没毛となるのです。