埋没毛によって起きたトラブルとその後の対策

私は足と腕に埋没毛がたくさんありました。原因は毛抜きによる自己処理のしすぎです。

 

それまではシェーバーやカミソリを使ってムダ毛の処理をしていましたが、ある日、毛抜きで抜いたほうがなかなか生えてこない、と聞き安易な気持ちで毛抜きでの処理に手を出したところ、結果埋没毛だらけになってしまいました。

 

毛抜きは埋没毛ができやすい

 

埋没毛ができると、皮膚の中で毛が丸くなっています。

 

この埋没毛を処理しようと、無理やりまた毛抜きで抜こうとしたので皮膚が傷つき、時間が経つと色素沈着を起こしてしまい、最悪の結果になりました。

 

そこで一度ムダ毛の処理を止めで肌を休めることにしました。

 

お風呂上りのまだ体が温まっている時にボディクリームでしっかりと保湿をし、週に2度ほど入浴中に角質除去クリームでマッサージをしていました。

 

かなり時間はかかりましたが、色素沈着が起きていた部分が元の肌に戻りました。

 

埋没毛も、以前ほどは目立たなくなりましたが、それでも減る様子はなかったため、プロの力を借りました。

 

埋没毛のひどかった腕と足だけで脱毛サロンで光脱毛してもらいました。すると半年もすると埋没毛は一気になくなりました。

 

サロンの方に埋没毛のことを話すと、毛抜きでの処理はムダ毛処理の中でも1番してはいけないこと、と話されていました。

 

特に、手や足などの毛は薄くて細いので毛抜きはご法度とのことです。

 

サロンに行くとお金はかかりましたが、何より埋没毛がなくなったことと、正しい知識が得られたことには変えられません。

脱毛サロンによっては、埋没毛の脱毛はできない(断られるか、やっても効果がない)場合がありますので、ご注意ください。