埋もれ毛になった時の原因と改善策

ある日カミソリを使って毛を剃っていたら、なかなか剃ることの出来ない毛があるのがわかりました。

 

最初の内は少し厄介な毛なんだろうという程度にしか考えておらず、少し強く剃るなどしていましたが、それでも全く剃ることの出来ない毛があることがわかりました。

 

これを一般的に埋もれ毛と呼んでいます。

 

埋没毛とも呼ばれており、本来表面上に新しく生えてくるはずの毛が皮膚上に出てくることなく、皮膚の中で成長してしまう毛のことを言います。

 

私の場合、埋もれ毛になった原因は上記の通り、カミソリで強く毛を剃ってしまったことにあります。

 

 

では、どうすれば良かったのでしょうか。

 

当時埋もれ毛についての知識が全くない私は、放置しておけば勝手に皮膚上に出てくるだろうという考えがありました。

 

このように私と同じ対策をとった方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、それは大きな間違いと言えます。

 

この埋もれ毛を放置しておくことにより、毛嚢炎といういわゆるニキビやシミなどが出来てかえって悪影響になる可能性が高くなります。

 

このような埋もれ毛に対しての対策は、髭という観点で言えば強く剃ることをまずはやめましょう。

 

そしてその埋もれ毛を抜くことが出来るならば抜いてしまった方がいいです。

 

それでもなかなか埋もれ毛が表面に出てこないという場合は、洗顔料などを使ってみるといいでしょう。

 

洗顔料を使うことによって皮膚が削れ、埋もれ毛が表面に出てくることがあります。

 

このように、埋もれ毛が出来た時は放置するのではなく、出来る限りの対策をとることが重要となります。

確かにカミソリで髭を剃るのは埋もれ毛の原因になりやすりです。

 

でも、できてしまった埋没毛を抜くのも毛包を傷つけるので、放置するより毛包炎になりやすいと思います。

 

もちろん皮膚科などで抜いてもらうのなら問題ないと思いますが、自分で抜くのは危険です。

 

埋もれ毛は必ずしも毛包炎になるとは限らないので、様子を見て判断したらいいと思いますね。

 

ピーリングをするのも良いですが、一番大事なのは、その後のケアなんですよね。

 

抗炎症成分の入った薬用クリームなどで肌のケアをしっかりとしましょう。