脚のスネや脇にできて困っていた埋没毛

ムダ毛の処理をカミソリによる剃毛で行っていた時、たまに埋没毛ができてしまっていました。脇の毛を手で引っこ抜いた時にもできることもありました。

 

埋没毛は皮膚の中で毛が成長してしまっている状態のことだそうです。

 

何だか皮膚がボコッとしてきたなと思ったら、下に黒い毛が少し見えているといった感じです。黒くてボツとした状態になるので、かなり目立ちます。

 

たまに、その埋没毛が原因で炎症を起こし、赤く腫れることもあります。

 

埋没毛を何とか早く改善しようとして、無理矢理ピンセットでつまんだりしたこともありましたが、痛みがあったり、血が出たりと散々でした。

 

その失敗をしてからは、かなり改善までに時間はかかりますが、肌のターンオーバーで自然に毛が現れるまで待つようになりました。

 

埋没毛の原因は、皮膚がムダ毛処理をする際に傷ついてしまったり、古い角質でふさがっていたりするとできやすいとネットで知りました。

 

確かに、カミソリは皮膚を傷つけやすい処理法ですし、手で無理やり抜くのも皮膚にかなり影響があります。

 

そうした皮膚への大きなダメージが埋没毛を作り出していたのだと思いました。

 

そこで、埋没毛を予防するために、ムダ毛処理を脱毛で行うことにしました。

 

脱毛も埋没毛の原因に?

 

埋没毛予防のためだけでなく、以前からムダ毛処理での肌負担を減らしたいと思っていたので、迷わず家庭用脱毛器を購入しました。

 

家庭用脱毛器で脱毛するようになってからは、ほとんど埋没毛ができなくなりました。

 

やはり、カミソリによる剃毛処理が埋没毛の大きな原因になっていたのだと思いました。

カミソリで剃るのも埋没毛の原因になりやすりですが、手で無理やり抜くのは危険ですよね。

 

脱毛でのムダ毛処理は、毛が生えてこなくなるので埋没毛の対策としては効果的だと思います。

 

しかし、埋没毛になってしまってからでは脱毛できない場合がありますので注意しましょうね。

 

また、脱毛が原因で埋没毛になることも全くないとは言い切れません。

 

脱毛による埋没毛対策

 

脱毛も皮膚にダメージを与えることは間違いありませんので、脱毛にしろカミソリにしろ、その後のケアが非常に大切になります。