色素沈着による黒ずみ

埋没毛自体は健康上の害はないのですが、黒いブツブツは見た目がとても残念ですよね。

 

しかもその黒いブツブツは毛そのものではなくて、もしかしたら毛穴周辺が色素沈着して黒ずみができているのかも知れないです。

 

そうなると、黒いブツブツは非常に大きくなっていき大変なことになります。

 

埋没毛になっているかどうかに限らず、毛穴というのは皮脂や汚れが溜まって黒ずみが気になってきます。

 

そして毛穴が汚れたまま放っておくと、毛穴周辺が炎症を起こして、その結果色素沈着による黒ずみ引き起こすことにもなります。

 

埋没毛の場合は、毛抜きやカミソリによって肌が傷ついていることが多いので、傷の炎症を抑えるために瘡蓋(かさぶた)ができます。

 

一時的にこのかさぶたが黒ずんで見えることもありますが、放っておくと慢性的な色素沈着になってしまう可能性も高いです。

 

埋没毛による色素沈着

 

ひどい場合には炎症を抑えきれず細菌も繁殖して化膿してしまうこともあり得ます。

 

埋没毛の毛穴が化膿した場合の症状はこちら

 

かさぶたによって閉じ込められた皮脂や汚れの細菌から肌を守るために毛穴周辺が硬質化することも黒ずみの要因になります。

 

色素沈着によって毛穴周辺が黒ずんでしまうと、埋没毛対策クリームなどの化粧品で正常なターンオーバーに戻すのは困難です。

 

症状がひどくなると、皮膚科や美容クリニックなどで黒ずんだ皮膚の除去手術を受けないといけないかも知れません。

 

そうならないためにも普段から、ムダ毛処理の後は炎症を抑える成分の入った薬用のクリームなどで毛穴ケアをすることが大事ですよね。

 

埋没毛対策クリームは抗炎症成分の入った「薬用」なので、埋没毛になるのを抑えてくれるだけでなく、もし埋没毛になっても色素沈着することも防いでくれます。

 

色素沈着による黒ずみのない状態の埋没毛なら、クリームによる日々のケアで正常なターンオーバーに戻すことによって、埋没毛解消の手助けになってくれることでしょう。