埋没毛による皮膚の腫れ

埋没毛が原因で皮膚が腫れるかもしれないのをご存じですか?

 

埋没毛は放っておくと、場合によっては毛穴の中が化膿して皮膚が腫れあがる可能性があります。

 

ほとんどの場合は埋没毛ができても特に見た目以外の害はありませんが、まれに腫れなどの二次的な症状を引き起こす場合があるのです。

 

埋没毛は一時的にそのまま毛穴や角質の中に埋もれた状態で残り、黒いブツブツとして見えます。

 

時間が経つと毛周期により毛は抜けますが、外に落ちることができませんので、皮膚を取り除かない限り残ります。

 

でも皮膚のターンオーバーにより表面の古い角質が取れたときに、抜け落ちて正常な肌の状態になるのがほとんどです。

 

しかし、毛穴に細菌などが入ったまま埋没毛になると化膿して腫れてしまうことがあるのです。

 

肌の腫れ

 

自分で無理に埋没毛を抜こうと皮膚を傷つけるのも腫れる原因になってしまうかもしれません。

 

埋没毛の原因の多くはカミソリなどによるムダ毛処理です。

 

カミソリを清潔に保っておき、剃った後も保湿や消毒などのケアをしておけば問題ありません。

 

しかし菌が付着したカミソリを使い、そのままにしておくと、毛穴に菌が入った状態で埋没毛になる可能性があります。

 

それでも皮膚はある程度の菌に対抗する力を持っていますので、何ともないことのほうが多いと思います。

 

しかし場合によってはカミソリによって傷ついた皮膚が負けて炎症を起こして赤く腫れてしまうこともあります。

 

そうなると放っておくのはちょっと危険で、化膿が広がってくると手術をしないといけないということにもなりかねません。

 

化膿で腫れると痛いので、そのまま放っておくということはないと思いますが、自分でピンセットなどを使って無理に埋没毛を取り除こうとすると、余計に傷を広げることにもなります。

 

もし埋没毛周辺の皮膚が赤く腫れたら、スグに皮膚科の医師に診てもらいましょう。

 

ちなみに埋没毛対策クリームなどは化粧品なので埋没毛による腫れに塗っても何の意味もありません。

 

でも薬用化粧品であって、カミソリ負けを防ぐなどの「抗炎症」効果の認められた成分が配合されているので、剃った後に塗るのは、その後の炎症を防ぐのに効果があります。

 

埋没毛による皮膚は腫れを防ぐためにも、ムダ毛処理後はしっかりとケアしておきたいものです。