脱毛による埋もれ毛対策

埋没毛(埋もれ毛)の対策として、脱毛がありますよね。

 

対策といっても、予防的対策と埋没毛が出来てしまった後の治し方としての対策があります。

 

まず、予防的埋没毛対策として脱毛をすることは、毛が生えてこなくなるわけですから効果があることは当然です。

 

しかしカミソリでの自己処理で埋没毛ができてしまうように、脱毛後の肌のケアに失敗すると逆に埋没毛になる可能性があります。

 

レーザー脱毛であってもサロン脱毛であっても、脱毛の施術後は肌が傷んだ状態なので、しっかりとケアしなければなりません。

 

美容クリニックや大手脱毛サロンの技術であれば、脱毛の施術によって埋没毛になることは少ないと思いますが、ゼロとは言い切れないでしょう。

 

脱毛サロン

 

次に埋没毛が出来てしまった後の脱毛ですが、クリニックでのレーザー脱毛とサロンでの美容脱毛では少し効果に違いが出てきます。

 

強いパワーの光によって直接毛根を焼くレーザー脱毛なら、皮膚で毛穴が覆われていてもレーザーは毛根に届くので脱毛は可能でしょう。

 

しかしサロンでの脱毛は比較的弱い光を、毛穴から少し出た毛に当てて、毛を通してエネルギーを毛根に届けるため、皮膚に覆われていると脱毛の効果が出ない場合があります。

 

また、仮にレーザー脱毛で脱毛ができたとしても、取れた毛は毛穴の外に出られず残りますので、これが毛穴の炎症やニキビなどの原因になるので注意が必要です。

 

もしクリニックで脱毛できたとしても、スグに皮膚科で取り除いてもらわないと炎症を起こして、埋没毛どころの騒ぎではなくなるかも知れませんからね。。

 

そんなことで、もし埋没毛になったら脱毛することは考えずに、まず埋没毛を治すことから始めるほうが良いでしょうね。

 

埋没毛を治す方法はいくつかあると思いますが、短期間で行うのは肌を傷つける方法となるので、決しておすすめできるものではありません。

 

時間はかかっても、肌本来の健康的な状態にするためのスキンケアをすることが、埋没毛を治す最良の方法と考えます。

 

抗炎症成分の入った薬用クリームの使用で根気強くケアしてみてはいかがでしょうか。