無理に抜けば、皮膚が破れ埋没毛に

私は昔からムダ毛処理に悩んでいました。なぜならば、カミソリ負けしてしまうからです。

 

そのためムダ毛処理が思うように出来ず、ある日毛抜きでの処理を始めました。

 

全部は時間かかりますが、ある程度は毛抜きでムダ毛処理をすると綺麗になりました。抜いてからはすぐに生えてこないので、満足していました。

 

しかしそれを続けていると、ある日埋没毛を見つけました。よく見るとあちこちあるのです。

 

毛抜きでの処理により皮膚が傷ついたり炎症を起こした結果、皮膚の中に埋もれて毛が生えて伸びているのです。

 

気持ち悪くて無理やり抜いてしまいました。そうするとまた埋没毛が出てきて、それを抜くと皮膚が傷ついて血が出てしまったりするの繰り返しでした。

 

ムダ毛を抜くと埋没毛に

 

これはいけないと思い毛抜きでの処理をやめました。埋没毛は気持ち悪いですし、抜きたくなるきもちは分かります。

 

しかし無理に抜いては絶対にいけません。抜いてしまえば、皮膚が破れてしまうのです。

 

更に皮膚が破れてしまうことで、更にそこにまた毛が出来た時に埋没毛なってしまいます。

 

私はそこから、毛抜きでの処理をやめました。そうするとやはり埋没毛は少なくなってきました。

 

ムダ毛処理をするのであれば、毛抜きではなくカミソリが絶対に良いと思います。

 

その後私は脱毛サロンに通って脱毛したので、今ではムダ毛処理にも埋没毛にも悩んでいません。埋没毛はすっかりなくなりました。

 

埋没毛に悩んでる方は無理に抜かずに、皮膚を大切にしてください。

シェーバーでは黒いポツポツが残るということで、つい毛抜きで抜きたくなりますが、それでは埋没毛になってしまいます。

 

毛を抜くと少なからず皮膚に傷が入ります。入った傷を修復するときに毛穴をふさいでしまうからです。

 

後から生えてきた毛は外に出る穴がないので皮膚の中に埋もれてしまうわけです。

 

毛抜きはシェーバーよりもさらに皮膚に傷を入れやすいので注意しましょう。