ゆっくり時間をかけて埋没毛対策

埋没毛(埋もれ毛)によるブツブツは悩ましいですよね。

 

埋没毛対策って、埋没毛にならないようにするための日々のケアが重要ですが、埋没毛になってしまったら治すしかありません。

 

埋没毛になったときの対処法として、ピーリングやスクラブなどが考えられますが、リスクを伴いますので注意が必要です。

 

特に敏感肌の人など肌の弱い人には肌荒れリスクのとても高い対策と言えるでしょう。

 

さらに一時的に症状は取り除けても根本的な対策ではありませんので、再度埋没毛が出来る可能性が非常に高いです。

 

埋没毛が出来てしまっても、強制的に取り除くのではなく、焦らず肌を元の健康な状態に戻すことを心がけましょう。

 

埋没毛の最も根本的な対策は、肌を健やかに保つための、継続した日々のスキンケアなのですから。

 

埋没毛対策スキンケア

 

埋没毛にならないために

埋没毛になる主な原因は、ムダ毛処理によって毛穴周りを傷つけてしまい、その後のスキンケア不足のために起こります。

 

特に毛抜きやワックス脱毛など無理なムダ毛処理の場合になりやすいです。

 

毛穴周りが健康な肌の状態のときに脱毛(※)してしまえば、毛が生えてきませんし、ムダ毛の自己処理をするこがないので最善の対策と言えるでしょう。
(※埋没毛ができてしまえば脱毛が難しくなります。)

 

しかし、脱毛はお金も時間もかかりますから、サロンにしろ医療クリニックにしろ簡単に施術できるものではありませんよね。

 

ですから、まずは毛抜きやブラジリアンワックスなど、無理なムダ毛処理をやらないこと。

 

剃毛をする場合も、保湿や潤滑ジェルによって肌が傷つかないように気を付けること。

 

そして、日々のムダ毛処理のあとのスキンケアをしっかりとやること。

 

これらによって埋没毛になりにくい肌の状態でいられるようになります。

 

様々なスキンケアアイテムがある中、埋没毛対策クリームなども販売されていますので、日々のスキンケアとして使ってみるのも良いかと思います。

 

埋没毛埋もれ毛.net
ストレミライン 公式サイト

 

埋没毛になってしまったら

今すぐ治す必要があるなら皮膚科に行きましょう。

 

ピーリングやスクラブは、肌を傷めるリスクがあるのに、それだけの効果が期待できません。

 

針やピンセットを使って自分で埋もれ毛を引っ張り出す方法もありますが、きちんと消毒ができずに、ばい菌が毛穴に入り炎症を起こす可能性があります。

 

埋もれ毛を取り出すためには肌を傷つける必要があるわけですから、きちんと医者に診てもらいましょう。

 

ただ、埋没毛は見た目は悩ましくても、すぐに肌に悪影響を起こすものではありません。

 

できれば時間をかけて、肌本来の健康を取り戻すことで埋没毛を治すのがベストな治し方だと思います。

 

埋没毛になった肌にも、きっと埋没毛対策ジェルクリームは役立ちます。