ムダ毛処理後のブツブツ、もしかして埋没毛?

以前、私はムダ毛処理後のブツブツとした黒ずみに悩まされていました。

 

原因は「埋没毛(埋もれ毛)」という皮膚に埋もれてしまった毛によるものです。

 

カミソリ・シェーバーによる剃毛や毛抜きによってムダ毛処理をしたときに、毛穴周辺が痛んで塞がれてしまい毛が外に出てこれなくなるからみたいです。

 

特にブラジリアンワックスなどで除毛している人は、この埋没毛になりやすいって話を聞いたことがあります。

 

太く硬い毛質の人は埋没毛になりやすいそうです。

 

うちの旦那さんは口の周りが青いのですが、シェーバーやカミソリで綺麗にとれない顔のヒゲも埋没毛の一種なんでしょうか。苦笑

 

埋没毛によるブツブツ?

 

この写真は、毛穴が炎症を起こして塞がれそうになって、そこを太い毛が頑張って出てこようとしてブツブツになっている感じでしょうか。

 

この状態で頑張って剃ろうとすると、皮膚を削って血が出ちゃうんですよね・・。

 

埋没毛は別に皮膚に悪いことはないようですが、清潔にしておかないとニキビの原因になったりするそうです。

 

でも鳥肌状になってブツブツが見えるので、肌が全体的に黒ずんで見えるのが一番困りますよね。>_<

 

時間が経てば、肌周期(ターンオーバー)によって古い角質は剥がれ落ち、毛周期によって毛が抜けるから埋没毛は放置しても治ります。

 

でも、同じムダ毛処理を行っている以上、また同じように埋没毛は出来ちゃいます

 

埋没毛を出来なくするためには、脱毛をするのが一番良いみたいですね。

 

ただし逆に、脱毛の施術が埋没毛の原因になるというトラブルリスクもあるそうです。

 

脱毛するのって勇気がいりますし、すでに埋没毛が出来ちゃってるとエステなどでの脱毛は出来ない場合があるそうです。。

 

だから、すぐに埋没毛を無くしたいなら皮膚科などに行って抜いてもらう必要があります。

 

レーザーによる医療脱毛なら出来るって話もありますが、脱毛は毛根があるときしか出来ません。

 

なので皮膚科で抜いてしまうと、また毛根が出来るまで待たないといけません。

 

その間、きちんとしたケアをしておかないと、うっかりまた埋没毛が出来てしまうということになってしまいます。

 

自分で埋没毛を処理するためには、スクラブやピーリング剤で角質を削ったり溶かすのが手っ取り早いです。

 

でもスクラブやピーリングは、下手にやっちゃうと逆に肌を傷めるので注意が必要で、私はちょっと怖いです。

 

自分で皮膚を消毒しながら針で穴を開けて中の毛をピンセットで取り除く方法もあるそうですが、私には考えられません。(怖)

 

なので、ムダ毛の自己処理をしても埋没毛ができないような化粧品はないものか探しました。

 

で、見つけたのがこのクリームなんですね。

 

埋没毛の黒ずみ対策

ストレミライン 埋没毛埋もれ毛.net
ストレミライン

 

☆今ならWEB限定のキャンペーンやってますよ!

 

定期すべすべコースは8大特典がついているのがいいです。

 

なかでも、30日間の返金保証送料無料、4回目以降がプラチナ会員価格、などが嬉しいです。

 

定期コースの解約は、面倒な電話じゃなくても、WEBフォームからできるのがいいです。

 

また、定期コースの3回分と同じ値段で買える3個セット購入は、返金保証などの特典はついていませんが、お得なのでお試しにはいいですね。

 

ananに掲載されていました

 

埋没毛ジェルクリーム

埋没毛を強制的に除去することは、肌を傷めることにつながりますので避けましょう。

 

埋没毛の根本的な対策は、保湿と美白の効果の高いジェルクリームで時間をかけて皮膚を健やかにすることです。

 

また、埋没毛は毛自体の黒さだけでなく、場合によっては周辺が色素沈着を起こし黒ずむこともあります。

 

色素沈着を防ぐためにも、ムダ毛の処理後に保湿&美白ジェルクリームによるケアは欠かせません。

 

これを使いはじめてからは、以前のような悩みから解消され、気持ちまで明るくなりました♪

 

埋没毛に着目した薬用保湿ケアジェルクリーム

 

これ、an・anの美脚と美尻を特集していた2051号に掲載されていましたね!

an・an美脚と美尻特集号

埋没毛対策ジェル ストレミライン

ストレミライン公式サイト

口コミを見て購入

私が購入する前に気になっていたのが、べたつきと香りです。

 

顔ならまだしも、脚や腕に塗ってべたつくのは嫌ですし、香りに敏感な私は化粧品は香りのないものでないとダメなんです。。

 

でも、口コミでべたつきも香りもないのを知って、ぜひ使ってみたいと思いました♪

ストレミラインの口コミ

保湿力はかなりありますが、べたつかない嬉しい使い心地!
全身に塗った直後に服が着れるほどのサラッと感。
しっとり滑らかに潤ってくれる感じがお気に入り。 お肌がなめらかに見えることで、素肌にも自信が持てて、今までぶつぶつ、ザラザラして触りたくもなかった自分の足も思わず触っちゃうほどの綺麗な肌に!

香りがないので、気分や場所を選ばずに使えて便利です。香りに敏感な方にもおすすめです!
毛が表面に出ておらず、皮膚の下にある埋没毛って恥ずかしいですよね。皮膚から薄く透けて皮膚の下に、毛の黒色が見えているとテンションが下がってしまいます。
塗った直後、お肌がとっても潤ってきます。さらっとして、べたつかないのに、お肌がもっちりします。
お肌がやわらかくなってきて、気になっていた埋没毛も少しすつ目立たなくなってきました。

体験談は公式サイトで

 

毛穴対策ミルクローション

埋没毛ケアの化粧品はストレミラインの他にシルキークイーンという商品もあります。

 

こちらも気になったので使ってみました。

シルキークイーンを使ってみた感想と、ストレミラインとの比較もしてみましたので参考にしてください。

 

目次へ

他の対策とデメリット

スクラブ

スクラブとは研磨剤の入った洗顔料や洗浄剤のことで、角質除去や毛穴の汚れや詰まりを除去するために使われるものです。

 

埋没毛になった場合も毛穴を塞いでいるかさぶたなどを除去するために使用するのは有効です。

 

ただし、肌を削り落とすということは、使い方を間違えると肌に負担がかかり肌を傷めることになります。

 

スクラブのやり過ぎは肌の老化を進めてしまうとも言われていますので注意が必要です。

 

ピーリング

ピーリングは古い角質を取り除くことで、方法としてはケミカル(化学的)ピーリングと物理的なピーリングがあります。

 

ケミカルピーリングは、薬剤を使って化学的に角質を溶かすやり方で、薬剤にはフルーツ酸などを使ったAHAと、強力な化学物質を使ったBHAがあります。

 

物理的なピーリングには、レーザー、ダイアモンド、ソルト、クリスタルなどがあり、スクラブが洗浄時に優しく削るのに対して、ピーリングは直接削り取るやり方になります。

 

化学的にしても物理的にしてもかなり強力で、プロにやってもらうならまだしも自分でやるのはかなりトラブルリスクがあります。

 

皮膚が薄くなるので、乾燥したり肌荒れを起こしたりして埋没毛どころではなくなる可能性大です。。

 

ピーリングは、その後のスキンケアが非常に大切になるなど、正しいやり方で手間をかけてやらなければ失敗してしまいます。

 

埋没毛埋もれ毛.net

 

自分で埋没毛の対策をするなら、時間はかかってもジェルクリームが一番安全ですね。

 

ジェルクリームはこちら

 

目次へ

埋没毛の原因

かさぶた

剃毛や毛抜きにより、肌が傷ついて見えない「瘡蓋(かさぶた)」が出来て毛穴を塞いでしまいます。

 

毛穴の周辺が色素沈着して黒ずんで見える場合もあります。

 

皮膚に刺さる

剃った毛が毛穴の出口付近に引っ掛かり、曲がったり皮膚に刺さったりして毛穴の外に出てこれなくなることもあります。

 

長い毛だと、どくろを巻いたようになることもあります。

埋没毛対策の体験談

埋没毛経験者に、その対策や予防法について聞いてみました。

くせになる埋没毛ぬき…。でも、肌はひどい状態に…。

ムダ毛の自己処理にはつきものの埋没毛ですが、以前、私はかなりはまってしまいました。

 

あの皮膚に埋もれた毛を、わざわざ、強引に引っ張りだすのです。引っ張り出して抜いた時の感覚が達成感があるのかクセになるのです。

 

一度やると、止まりません。でも、それをやってしまうと、後がひどい事に…。出血してしまったり、ばい菌が入って化膿してしまったりするのです。

 

特に私の場合、毛が濃い事もあり、自己処理していると埋没毛がしょっちゅう出来ていました。

 

埋没毛ぬき

 

最初の頃は、ガンガン抜いていたのですが、だんだんと肌荒れがひどくなり、毛穴も開き始め、危機感を覚え埋没毛を抜くのをストップしたのです。

 

埋没毛は、抜けば抜くほど、更に出来てしまうようです。

 

埋没毛抜きをやめてからは新たに埋没毛が出来るのが、だいぶ減ったものの完全にはなくなりませんでした。

 

そこで、埋没毛が出来ないようにと始めたのが肌のピーリングです。古い角質があることで、それが邪魔して埋没毛が出来やすくなってしまうと聞いたからです。

 

そこで、ムダ毛処理の前にはピーリングで肌の古い角質を落とすようにしました。でも私の肌には刺激的だったのか赤くなったので止めました。

 

それから、もう1つ埋没毛対策としてやった事があります。脱毛するときに毛穴を開いて、強い力がかからないようにしたのです。

 

私のムダ毛処理方法は、自宅で脱毛器を使っての処理だったのですが、脱毛するときには蒸しタオルで毛穴を開くようにしました。

 

蒸しタオルを使う事で毛穴が開き、抜けやすくなり強引に引っ張られる事がなくなるようです。それをし始めてから、埋没毛があまりできなくなったような気がします。

 

埋没毛は意外と目立ってしまいます。しかも、肌にザラザラ感が出てしまうので、ムダ毛処理も逆効果となってしまいます。

 

キレイな肌にするための脱毛です。埋没毛対策はとても大切です。

 

埋没毛対策ならこちら

 

埋没毛、作らない、増やさないためのムダ毛処理方法とは

埋没毛の処理、皆さんはどうしていますか。普段のムダ毛の処理の仕方によっては、毛穴に黒くブツブツと埋没毛が残ってしまい、せっかくのお手入れが逆効果に、なんていうことになりかねません。

 

埋没毛を作らない、増やさないために、ムダ毛の処理方法を考え直してみるのもいいかもしれません。

 

まず、剃刀ですが、これは一番肌の表面を傷つけやすく、埋没毛の原因となります。何度も同じところを繰り返して剃ったり、同じ剃刀を何日も使うのはお勧めできません。

 

なるべく清潔な剃刀を使い、肌への負担を考えて、週に1,2回のペースでの処理がいいでしょう。

 

そして、剃刀での処理後はなんといっても保湿です。化粧水やボディローション等でたっぷりと保湿しましょう。

 

埋没毛対策にローション

 

保湿の前にアルコール液や殺菌効果のあるローションなどでさっと拭き取っておくのもお勧めです。

 

次に毛抜きによる脱毛です。毛を無理に引き抜くことで、毛穴が傷ついたり塞がってしまいます。

 

傷ついた毛穴にばい菌が入って炎症を起こしたり、毛穴ごと盛り上がってしまうこともあるのでどちらかというと一番埋没毛ができやすいかもしれません。

 

埋没毛の予防法としては、古い角質をなるべく落としてあげて、とにかく保湿をすることが重要だと思います。

 

角質を落とすにはスクラブマッサージがいいでしょう。スクラブが入っているのであまりごしごしとこすらずに優しくマッサージをします。

 

角質の取りすぎも肌にとっては負担になってしまうので、週に1回くらいのペースがベストだと思います。

 

そして保湿ローションやクリームでたっぷりと保湿します。

 

埋没毛をなるべく作らないためには、肌にとって極力負担の少ないムダ毛処理方法が望ましい、ということを考えると、除毛クリームやレーザー脱毛器などがお勧めだと思います。

 

でも一番いいのは、日々の肌ケアによって埋没毛ができない健康な毛穴や肌を作ることだと思います。

 

埋没毛対策ならこちら

埋没毛の脱毛について

埋没毛ができてしまうと脱毛の施術にも影響があります。

 

脱毛はクリニックでのレーザー脱毛と、サロンでの光美容脱毛があります。

 

レーザーの場合は埋没毛でも脱毛できますが、サロンの場合は皮膚で覆われていると脱毛できない場合があるそうです。

 

また、レーザーで脱毛できたとしても、その毛は外に出ることができませんから、毛穴の中に残ったままになります。

 

これが毛穴の炎症を起こしたり、ニキビの原因になったりするそうなので、脱毛したら放置しないでスグに皮膚科に行って毛を取ってもらったほうがいいです。

 

逆に、脱毛する前に皮膚科で埋没毛を取り除いて、また毛が生えてくるのを待って脱毛しようとすると、再度埋没毛になる可能性もありますよね。

 

そう考えると、埋没毛でも脱毛してくれるクリニックで脱毛してから、皮膚科に行って取り除いたほうが早いのかも知れませんけどね・・・。

 

埋没毛対策ならこちら

更新履歴